どれだけかかる?メール配信代行の費用を調査

シンプルなサービスにかかる相場は

メール配信代行を依頼したときにかかる費用は概ねメールの送信先の数によって定められています。大雑把な相場としては一万通で五万円前後です。この十倍の十万通程度になると二十万円程度が相場になっています。メールの送り先が増えるほど単価は安くなる傾向があるため、各業者に見積もりを取っていくらになるかは逐一確認することが大切です。この程度の相場になっているサービスはシンプルなものであり、メールの原稿と送付先リストを提供して、送信テストを行ってもらい、最後に配信終了後の結果報告を受けられるという程度のものになっています。最低限のサービスを受けるための基本的な費用として考えておくと良く、これ以上のサービスを受けると高くなるという理解が必要です。

充実したサービスほど単価が上がる

サービス内容として内容の確認やアドバイスももらうと単価が上がるのが一般的です。デザインサービスも行っている代行業者は多く、一回の配信あたりで数万円程度のデザイン料がかかるようになっています。大まかに内容と素材を与えてレイアウトとデザイン、キャッチフレーズなどを考案してもらうのがこのサービスであり、手軽にメール配信を行いたいというときに優れているものです。また、アンケートメールの配信を依頼するとアンケートの作成や集計も依頼することができます。この場合には通数に比例して料金が定められていることが多く、アンケートの項目数にも比例しているのが一般的です。概ね単純なメールの二倍程度の費用がかかっている傾向があります。

メール配信のサービスを利用すると、多くの人へ同時にメールを送信できます。メールマガジンや地域情報の伝達に広く使われており、企業や行政と個人を結ぶ存在として現代の生活に欠かせないものになっています。