どういうサービスなの?メール配信の代行サービスのメリットデメリット

業務負担を軽減して効率化できるサービス

メール配信の代行サービスはメールを顧客などに送信する際の業務負担を軽減することができるサービスです。社員が一通ずつ丁寧に送っていたメールを業者が全て代わりに送ってくれます。送りたい内容と送り先を決めて依頼すれば、指定したタイミングで一斉に送信してもらうことができるサービスです。社員の業務負担を軽減できるだけでなく、メール配信を効率化することができるのがメリットになります。メール送信に際してのテストを行ったり、文章の校正をしたり、送信エラーのチェックをしたりといった配信の際に必要になる作業を一通り任せてしまうことが可能です。その体系が整っているので短時間での配信作業を行ってもらうことができます。

費用対効果でデメリットが生じることも

費用対効果についてはケースバイケースなので安くなるかどうかはよく吟味してみなければなりません。メール配信を社員にやらせていた方が余計な支出がないのは確かであり、手の空いている社員がいるのなら社内で処理してしまった方が良いという場合もあります。業者によってはあまりメールの送信先が少ないと割高になっていることもあるのに注意しなければなりません。しかし、それでも送信に際しての効率が大幅に上がることは多く、その効果に着目すれば費用的にも大きな負担ではないと考えられる場合があります。サーバー負担も軽減できることを加味してトータルでどれだけの効果があるかを吟味した上で依頼するかどうかを決めるのが大切です。